憲法問題入門

出版社:筑摩書房 (1997/09)
出版日期:1997-9
ISBN:9784480057235
作者:長尾龍一
页数:204页

作者简介

憲法施行50余年。占領軍が原案を書き、占領国の絶対権力を背景にして制定された日本国憲法を日本国民はどのように考えてきたのだろうか。制定過程や正統性、改正などをめぐって議論の声を少なしとはしないにもかかわらず、その基本理念は日本国民のあいだに着実に浸透しているように思われる。国民主権と天皇制をはじめ、第9条と戦争放棄、基本的人権、内閣と司法権、地方自治、さらに改正問題や戦後憲法学批判など憲法をめぐる基本問題を明快に問いなおす、憲法を考える現代人のための必読の入門書。

内容概要

长尾龙一(ながお りゅういち,Nagao Ryuichi,1938年8月-),日本法学家、哲学家。东京大学名誉教授。


 憲法問題入門下载



发布书评

 
 


精彩短评 (总计1条)

  •     极棒的入门书,但不止是入门书,作者并不是主流的法解释(教义)学者,但他充分发挥了其在学说史与宪法史上的优势,将各种宪法基本问题的主流学说条分缕析言简意赅地阐明,比如关于实质、形式宪法的区分,近代宪法的因素,宪法变迁等问题,隐隐是在对施密特的批判或回应。其中宪法史、主权与天皇制、第九条、最高法规与修改部分极佳,分析诸说之上,亦可见本人的特色,还有余裕不时吐槽,特别是对是左翼宪法学者观点鲜明,如批判其所谓国家恶的前提、无军备主张等等。宪法史中对日本国宪法合法性来源诸说的整理值得参考。基本权利、国家机构部分稍弱,但作为入门书已足够,涉及了基本的知识点。
 

九年级,散文/随笔/书信,中国民俗,少儿英语,恋爱,烹饪理论/手册,动物医学,电子商务PDF图书下载,。 PDF下载网 

PDF下载网 @ 2020